県営熊野住宅 1期工事が完成しました

のたび熊野筆で有名な安芸郡熊野町で、老朽化した住宅団地の建て替え事業として、新たに9階建てと5階建ての住宅棟、木造の集会所が完成しました。
完成した高層住宅には、高齢者から子育て世代まで幅広い世代の方々が入居できる様々なタイプの住戸があり、車椅子利用者も生活可能な住戸も用意されています。この後、2期工事として7階建てと12階建ての住宅棟の新築工事も始まります。

新の機能と優れたデザインの住宅棟の完成により、地域全体の活性化を一層促進していくことを期待しています。

工事名県営熊野住宅1期建築工事
施工体制鴻治・福井建設工事共同企業体
工事期間平成30年10月3日~令和2年2月28日
発注者広島県
工事場所安芸郡熊野町貴船5-5ほか

工事概要

建物用途県営アパート集会所
構造規模鉄筋コンクリート造木造
9階建 一部5階建平屋建
建築面積820.88㎡186.32㎡
延床面積4,537.26㎡186.32㎡
最高高さ26.25m5.32m

外観

内部

工事の状況

進捗率4%

  • 上部建物を支えるための土台工事です。工事を着手するため、外部との区画をする仮囲いが完了しました。
  • 基礎・地中梁掘削工事の様子です。この後、基礎地中梁工事に移行します。

進捗率18%

  • 躯体(鉄筋・コンクリート)工事は工期の中でも時間を要する工程ですが、建物の主要構造部を造る上でも重要な工事です。
  • 高層棟2F梁主筋接手ガス圧接工事(梁筋の場合)の様子です。

進捗率89%

  • 外部の足場の解体中の状況です。住宅棟の外観部分がほぼ完成しました。写真手前では、木造集会所を同時に建築中です。
  • 建築中の集会所において、柱梁部材及び接合金物の検査を行っています。

外観全景

 

ブログTOPに戻る