上瀬野地区災害復旧工事が完成しました

自然災害が発生した場合、最前線に立って復旧活動に取り組むことは、建設業の大切な社会的使命です。

平成30年7月豪雨災害において、当社は発災直後より広島市安芸区、坂町、海田町、府中町などにおいて、応急復旧活動に取り組みました。現在は、そうした被災地の本格的な復興に向けて、復旧工事を行っています。

このたび安芸区上瀬野地区の河川護岸復旧工事が完成しました。地域の皆様の日常を取り戻し、安全を確保するため、今後も地元企業としての社会的使命を果たしてまいります。

工事名広島国道管内災害復旧工事
(上瀬野地区仮復旧工事)
国道2号上瀬野地区災害復旧工事
工事期間平成30年7月7日~平成30年7月18日平成30年10月16日~令和2年3月31日
発注者中国地方整備局 広島国道事務所
工事場所広島市安芸区上瀬野地内
位置図
工事概要応急処理工 仮設工道路土工 区画線工 石・ブロック積(張)工 情報ボックス工 排水構造物工 標識工 舗装工 構造物撤去工 防護柵工 仮設工

状況写真(完成時)

発災直後平成30年7月

工事完成後令和2年5月

工事の流れ

応急復旧工事(平成30年7月7日~平成30年7月18日)

発災直後

豪雨の影響により、瀬野川護岸が川底より浸食されたことから、並行して走る国道2号の車道や歩道の一部が陥没しています。

薬液充填

歩道の空洞部分(陥没部分)に隙間なく薬液を充填しています。

道路の下も一部空洞になっており、慎重に作業を行います。

土のう設置

一時的に浸食被害の拡散を防ぐため、浸食された護岸には大型土のうを設置します。

移動式クレーンを用いて大型土のうを一つづつ隙間なく設置していきます。

応急復旧工事完了

護岸への大型土のう設置及び道路面の復旧を終え、応急復旧工事が完了しました。

復旧工事(平成30年10月16日~令和2年3月31日)

護岸本復旧

重機等の搬入、工事を進めるための進入路を造っています。

その後、土のうを撤去します。

土留め壁設置

横矢板をかけ、腹起しを取り付け、アンカーを打ち込む土留め工事を行います。

大型ブロック設置

大型ブロックで護岸を築造しています。

環境ブロック設置

藻や魚の繁殖等、環境に配慮したブロックを据え付けています。

護岸工事完成

用水路の復旧作業も終わり、一連の護岸工事が完成しました。

 

ブログTOPに戻る