広大附属小学校校舎 増築・改修工事が完成しました

小学校校舎の増築工事及び、改修工事が完了しました。

学校という特殊な環境であるため、夏休み期間中に普通教室の内装改修工事を行い、学期の間は児童が授業を受けながら、その他の教室や校舎の増築、改修工事を行いました。

そのため騒音・振動・粉塵を最大限に抑えるよう注意を払いました。

また、構内には小学校・中学校・高等学校があるため、作業の連絡調整や、安全管理にも配慮を徹底いたしました。

 

工 事 名広島大学附属小学校 校舎改修その他工事
工事期間平成20年7月5日~平成21年2月27日
発 注 者国立大学法人 広島大学
工事場所広島市南区翠一丁目一番地一号 広島大学翠団地構内
対象建物RC造3階建、建築面積1603.56㎡、延床面積4484.46㎡
昭和39年完成後、44年が経過した小学校校舎
工事概要増築工事 1階:給食調理室 2階:図書室 3階:パソコン教室
改修工事 屋上防水改修工事、外壁改修工事、外部建具改修工事、バリアフリー対策工事、内装改修工事、取壊工事

 

施工後全景(グラウンド側)

 

(改修前)(改修後)

 

外壁の浮き、多数のクラックがみられたため、屋上防水・外壁補修・建具改修工事を実施しました。

 

東校舎と増築棟(左)

改修工事を行いながら、同時にRC造、3階建ての増築
工事を行いました。

(増築棟)
一階:給食調理室 二階:図書室 三階:パソコン教室

講堂外観

築82年の歴史を有する講堂は、学校のシンボルであり有形
文化財に登録されています。
外壁を補修し窓をアルミサッシに交換しました。

講堂内部

丸柱を灰漆喰で石材のような質感に改修しました。

 

 

ブログTOPに戻る